スクリューコンベア

2018.12.27 Thursday

0

    広報担当の尾山です。
    前回のベルトコンベア編に続き、
    今回はスクリューコンベア編です。

     

    粉体供給機の中でも、言わずと知れた、
    かなりオーソドックスな供給機です。

     

    何と弊社工場に、計量機、ブリッジブレーカー付のテスト機があります。

     

    計量機は加算式で、大スクリューと小スクリューの2軸式で
    最初は大小どちらのスクリューも動き、設定重量手前で大スクリュー停止、
    小スクリューで精度良く供給し、設定値で停止する優れものです。

    実は今までも、倉庫にテスト機は眠っていたみたいなのですが、
    今回講習会で、再度日の目を見ることになりました。

    テストのご依頼、お待ちしています!

     

    スクリューフィーダーは単純なようで奥が深く、
    専門としているメーカーさんも多々あります。

    付着対策に特徴があったり、

    計量精度に特徴があったり、

    充填率に特徴があったりと。

     

    エイシンとしての特色としては、

    粉体の特徴に合わせ、費用対効果を考えながら、

    自社設計製作と、幅広い専業メーカー製品のご提案、

    いずれも対応可能なことです。

     

    私も一度、設計に相談したことがあります。

    各メーカーさん、皆さん素晴らしく高精度!を謳っていますが、

    お客様が当時求めていた充填機は、

    最終的に人手で調整するので、

    そこそこの精度で良いから、そこそこの価格で欲しいと。

    そこそこを売りにしているメーカーさんもあまり無いですが、

    そんなご相談も是非お気軽にお聞かせください!

    特注ベルトコンベア

    2018.12.26 Wednesday

    0

      広報担当の尾山です。
      クリスマスも終わり、今年も残すところわずかとなりました。

      と思ったら、実は書き切れていないブログネタが結構あり、
      これはこれで書いておかないと休みに入れないぞ
      と思い、いくつか連投しようと思います。


      以前、社内講習会を実施した際、
      技術部の方から、今までこんな特注品作ってきました!
      という紹介を受けました。

       

      今回はその中で、特注ベルトコンベアについて紹介します。

      実は今まで、何台も作ってきています。

       

       


      商社部門で仕入れることもできる弊社で、
      何故、社内製作したのか、技術部長にインタビューしました。

       

      Q,
      何故、社内設計をしましたか?
      A,
      ベルトコンベアは標準規格から外れて特注になると、急に高価になってしまうことがあり、
      社内設計/納入した案件は、いずれも狭い場所を通したり、Z型だったり、
      お客様のレイアウトに合わせこんだ提案で、採用いただいています。

       

      Q,
      ベルトコンベアってノウハウがあるものじゃないんですか?
      さくっと作れるものですか?
      A,
      やはりノウハウはあります。蛇行防止だったり、こぼれ落ちたものの清掃方法だったり。
      かつお節用を設計した時は、桟の取り付け方なども工夫しました。
      台数を多く製作しているわけはありませんが、毎回苦労しながらノウハウを蓄積してきました。

       

      かつお節用コンベア

       

      Q,
      他にエイシン製コンベアのPRポイントはありますか?
      A,
      前後の取り合いなど含めて対応可能です。
      あるお客様で付着性、凝集性の高い粉体だったため、客先設備から落ちてきた後、
      2軸スクリューコンベア→ベルトコンベアZ型→マグネット付解砕機まで
      一式の設計、納入をしています。

       

      全体写真

      二軸スクリューコンベア

      排出口(シフター付)

      シフター+マグネット(丸棒に見えるのがマグネット)


      ほうほう、なるほど。

      要は市販のベルトコンベアで対応が困難なところに
      メリットのある提案ができそうです。


      先ほどのQ&Aで、2軸スクリューコンベアがありました。
      次回、スクリューコンベア編、お楽しみに。

      ミックス野菜の混合テスト結果

      2018.11.07 Wednesday

      0

        広報担当の尾山です。

         

        先日、テスト機貸出をさせていただいたユーザー様に

        テスト結果を確認しに訪問してきました。

         

        テスト機はタンブラーミニです。

         

        混合品はタイトル通り、ミックス野菜です。

        密かにダイエットチャレンジ中の私にとっては、

        カット野菜のミックスサラダは、とてもおなじみの商品です。

         

        テスト画像をいただきました。

         

        投入(キャベツ、ニンジン、紫レタスをお客様比率にて)

         

        1分後

         

         

        投入(レタス他、葉物野菜を計4種類)

         

        1分後

         

        材料の分量によっては、

        混合時間を延ばすケースもあったようですが、

        混合結果は、良いご評価をいただきました。

         

        粉体、粒体関係のご用途が多い弊社製品ですが、

        こんなものはできないだろうか?と

        是非お気軽にご相談ください!

        タンブラーユーザー紹介、まほろば様

        2018.11.06 Tuesday

        0

          広報担当尾山です。
          先週、北海道のまほろば様というユーザー様に
          タンブラーミキサーのメンテナンス訪問をしてきました。
           
          まほろば様は弊社の中でも
          かなり初期に納入させていただいたお客様で
          一度オーバーホールをしていただきながら、
          現在12年ほどご使用いただいております。
          ブログ掲載の許可をいただきましたので、ご紹介させていただきます。
           
          *********************
          混合品は?
          まほろば様オリジナルの、
          塩「七五三塩(なごみえん)」と砂糖「一・二・三…十…(ひふみ糖)」です。
          七五三塩は20種類以上、ひふみ糖は8種類を混ぜ合わせており、
          いずれも数多くのリピーター様を持つ、大人気商品です。


           
          混合機導入のきっかけは?
          混合機導入前は、全て手作業で混ぜており、それは大変な労力だったとのことです。
          当時は作業が楽になり、大変画期的だったようです。
           


          長く使っていて気になる点は?
          10年以上使用し、軸受周りから異音が発生したのでオーバーホールしました。
          現在は落ち着いています。
          *********************
           
          混合品種は、数種類程度が弊社のお客様でも多いのですが、
          まほろば様は、七五三塩は20種類以上とかなりの種類を混合されており、
          こだわりのレシピで非常に付加価値の高い商品を作られ、人気商品となっています。
          また、その混合回転数もご紹介から、かなりのこだわりが見受けられます。
           
          機械メーカーとしては、
          長く使っていただいているのはもちろんですが、
          お客様が弊社製品をこだわって、使いこなしていただいているのは、
          とてもうれしい限りです。
           
          他にも、まほろば様では自然食品を中心に
          多くのオリジナル製品を販売されています。
          是非ホームページをご覧ください!
          http://mahoroba.shop-pro.jp/

           

          チョッパー付ミキシングシェーカーは充填率が高くても混ざる、混合テストの結果

          2018.09.10 Monday

          0

            広報担当の尾山です。

             

            少し前になりますが、チョッパー付ミキシングシェーカーでテストをしました。

            チョッパーと呼んでいる羽根が回転し、ダマなどを砕きながら混合できる機種です。

            ホームページで動画を載せているので見てみてください。

             

            通常弊社の容器回転式の混合機は、

            容器全容量の6割くらいが仕込み量の標準となります。

            今回もそれくらいで考えていたのですが、

            お客様から羽根が回る機種だから、たくさん入れてやってみようと言われ、やってみました。

            原料は食品の粉体です。

            ちょっと多いんじゃないの?と思っていましたが、

            5分くらいでかなりきれいに混ざりました。

             

            続いてまた別の粉体です。

            今度のほうが仕込み量が多く見えます。

            これも写真では白いのが残っていますが、

            実際はきれいに混ざりました。

             

            ちなみに容器の中に羽根が付いている

            高速混合機でも良いんじゃないの?と言われるかもしれません。

            もしかしたら、それでも混ざるように思います。

             

            高速混合機と比較して、

            弊社のチョッパー付ミキサーのメリットを挙げてみます。

            ・容器も自転するから、より混ざりそう。

            ・容器も搖動するから、より混ざりそう。

            ・容器が市販市販を使えるから、容器を安価に買い足して専用容器にできる。

             →材料同士が混ざってほしくないお客様にピッタリ!

             (ただし羽根などは共用になります。取り外して洗えます)

            ・容器を外して、洗い場まで持って行ける。機械室ではないところで水洗いできる。

            ・混合後、容器を外して、そのまま蓋をして貯留できる。

            ・混合後、市販の運搬機で次工程まで持って行ける。

             

            容器を外して洗い場まで持って行ける、というところは、

            例えば10Lくらいの小型機なら、本体ごと持って行っても、

            それほど大したことでもないかもしれませんが、

            たとえば200Lくらいだと、とてつもないメリットが出ます。

            市販容器で200Lと言えばドラム缶です。

            ドラム缶仕様のミキシングシェーカーも対応可能です。

            http://www.kongou-ki.com/MS.html

             

            ドラム缶だと市販のドラム管運搬機を使っても良いですし、

            台車に載せても良いですし、淵をごろごろ転がしても良いです。

            本体はそのままに、容器だけ外して持って行けます。

             

            市販容器が使えるということは、

            様々なメリットが得られます。

             

            混合テストの結果から話が飛躍しましたが、

            ご興味があればお気軽にお問合せください!