2019年、年始ご挨拶

2019.01.07 Monday

0

    広報担当尾山です。
    本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

     

    年末年始のテレビ特番の企画で、
    たくさん平成最後の・・・というあおり文句を聞き、
    とても節目になるような気分の2019年がスタートいたしました。
    新元号、何になるんでしょうか。楽しみです。


    今年も個人的に毎年恒例の、初日の出を拝んできました。

    今年は瀬戸大橋(岡山県倉敷市)でした。
    島影からきれいに見ることができ、良い年の訪れを感じました。

     

    本年も、お役に立てるような情報発信を心掛けていきますので、
    何卒よろしくお願い申し上げます。

    OTEX2019 エイシン展示製品!

    2018.12.28 Friday

    0

      広報担当の尾山です。

      1/24、25に出展するおかやまテクノロジー展2019について、

      展示予定製品をこちらに随時アップしていきます!

      展示会自体の詳しいことは下記バナーをクリックしてください。

      OTEXバナー

       

       

      展示予定製品

       

      ●粉体用マグフィルター

      中が見えるスケルトンの蓋、

      更には堆積防止オプションとして、パージノズルと雫型も展示します。

      マグネット上に溜まってしまうような材料のお客様は必見!

       

       

      ●高磁力マグフィルター

      永久磁石では国内最強(弊社調べ)の1.7Tです。

      微細な弱磁性体対策として多数の実績があります。

      一般的な1.2Tより太くて重いため、ご興味がある方は是非現物を触ってみてください!

      今回はマグネット表面の状況を見ることができる、

      スケルトン仕様のテスト機を展示します。

      スケルトンは高磁力に限らず、CIP洗浄などのご相談にも乗れます。

       

       

      ●液体用ボールマグフィルター

      以前長々と紹介を書きましたので詳しくはそちらで↓

      http://kk-eishin.jugem.jp/?eid=31

      この展示会までに、ボールマグ専用の卓上テストユニットが完成予定です!

      小型タンクとチューブポンプをユニット化したもので、

      材料さえ用意してもらえれば、テストを楽に行ってもらえます。

      また、こちら今回OTEXの「ものづくりコンテスト」にエントリーしています。

      清き一票を!!

       

       

      【実演予定】

      ●タンブラーラボ

      研究開発にお勧めの卓上混合機です。

      http://www.kongou-ki.com/TML.html

      ボールマグと同じく、2018年の新製品です。

      実際に動かす予定です!

      安全カバーのインターロックなど、是非現物でご確認ください。

      市販のPPボトルをセットでき、安価に容器をご準備いただけるので、

      材料ごとに容器を変えればコンタミの心配は一ないのが特徴の一つです。

       

       

      【実演予定】

      ●スクリューコンベア

      こちらもついこの前、ブログで紹介しました。

      http://kk-eishin.jugem.jp/?eid=39

      ロードセルと連動し、設定値で止めるデモができればと予定しています。

       

       

      ●エアフランジ

      エアの力でブリッジやラットホールを対策するオリジナル製品です。

      http://www.funryuutai.com/air-flange.html

      今回、テスト用の透明ホッパーを作りました!

      あわせて展示予定です!

       

       

      ここからは商社の特色を活かした、特徴ある仕入製品です!

       

      ●イワキ製、ダイヤフラムポンプIX-B

      https://www.iwakipumps.jp/products/metering/motor/ixb

      何とこちら、発売したばかりの新製品で、

      全国各地で自社で展示会に出展しているイワキでも

      展示会には初出展だそうです。

      (たまたまタイミングが良かっただけですが)

      今までもIXシリーズはありましたが、IX-BはそのIXシリーズの中で最小クラス。

      ハイテクのポンプと言われるだけあり、吐出量7.5ml/h〜45L/hという広い制御幅と、

      ガスロックレス、ダイヤフラム破損検知など、機能盛り沢山!

       

       

      【実演予定】

      ●イワキ製、装置組み込み用ポンプ、デモユニット

      今回OTEXでは装置メーカーさんも出展されていることもあり、

      こういったものもご興味持っていただけるのではないかと、

      装置組み込み用ポンプのデモができるユニットを借りて実演します。

      搭載ポンプは下記です。

      ・循環用途:NRD-05TV24 5.1L/min×4.1m (キャンドポンプ)

      ・定量注入用途:V-07AEP06-P03 (ハイセラポンプ)

      ・廃液工程用途:APN-30GD-3-W (気液対応エアポンプ)

      ・ノズル洗浄工程用:APN-20D3-W (気液対応エアポンプ)

       

       

      ●エコファースト製、エネトラップ

      省エネ、メンテナンスフリーのスチームトラップです。

      https://www.ipros.jp/product/detail/2000403867/

      弊社の商社部門のお客様(岡山、広島、山口)では、

      数多くのテスト実施とご採用をいただいております。

      弊社でテスト対応でき、テストをすることで明確に、

      現状のスチームトラップからの省エネ効果が数値化でき、メリットをご提案できます。

       

       

      ●フェナードライブス製、パワーツイストプラス

      Vベルトの代わりになる、アメリカ製のリンク式ベルトです。

      輸入代理店ホームページ

      今までのプーリーはそのままに、樹脂製の高寿命と、

      リンク式のよる多数のメリットがあります。

      今回は大プーリーと小プーリーにかけた状態のデモセットを展示します。

      リンク式のメリットの一つに、軸受けを分解する必要が無いという大きなメリットがあり

      実際に、実演し実感していただけます!

       

       

      以上、とてもたくさん書きましたが、

      興味のある製品が一つでもあれば、

      是非ご来場いただき、実際に現物を見てみてください!

       

      ※展示予定製品の変更がある場合は、都度修正します。

      あらかじめご了承ください。

      年末年始休業のお知らせ

      2018.12.28 Friday

      0

        年末年始の休業日につきまして、下記の通りお知らせ致します。

        来年も弊社をご愛顧いただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

         

        ■年末年始休業日
        2018年12月29日(土)〜 2019年1月6日(日)
        ※ 2019年1月7日(月)より、通常通り営業いたします。

        スクリューコンベア

        2018.12.27 Thursday

        0

          広報担当の尾山です。
          前回のベルトコンベア編に続き、
          今回はスクリューコンベア編です。

           

          粉体供給機の中でも、言わずと知れた、
          かなりオーソドックスな供給機です。

           

          何と弊社工場に、計量機、ブリッジブレーカー付のテスト機があります。

           

          計量機は加算式で、大スクリューと小スクリューの2軸式で
          最初は大小どちらのスクリューも動き、設定重量手前で大スクリュー停止、
          小スクリューで精度良く供給し、設定値で停止する優れものです。

          実は今までも、倉庫にテスト機は眠っていたみたいなのですが、
          今回講習会で、再度日の目を見ることになりました。

          テストのご依頼、お待ちしています!

           

          スクリューフィーダーは単純なようで奥が深く、
          専門としているメーカーさんも多々あります。

          付着対策に特徴があったり、

          計量精度に特徴があったり、

          充填率に特徴があったりと。

           

          エイシンとしての特色としては、

          粉体の特徴に合わせ、費用対効果を考えながら、

          自社設計製作と、幅広い専業メーカー製品のご提案、

          いずれも対応可能なことです。

           

          私も一度、設計に相談したことがあります。

          各メーカーさん、皆さん素晴らしく高精度!を謳っていますが、

          お客様が当時求めていた充填機は、

          最終的に人手で調整するので、

          そこそこの精度で良いから、そこそこの価格で欲しいと。

          そこそこを売りにしているメーカーさんもあまり無いですが、

          そんなご相談も是非お気軽にお聞かせください!

          特注ベルトコンベア

          2018.12.26 Wednesday

          0

            広報担当の尾山です。
            クリスマスも終わり、今年も残すところわずかとなりました。

            と思ったら、実は書き切れていないブログネタが結構あり、
            これはこれで書いておかないと休みに入れないぞ
            と思い、いくつか連投しようと思います。


            以前、社内講習会を実施した際、
            技術部の方から、今までこんな特注品作ってきました!
            という紹介を受けました。

             

            今回はその中で、特注ベルトコンベアについて紹介します。

            実は今まで、何台も作ってきています。

             

             


            商社部門で仕入れることもできる弊社で、
            何故、社内製作したのか、技術部長にインタビューしました。

             

            Q,
            何故、社内設計をしましたか?
            A,
            ベルトコンベアは標準規格から外れて特注になると、急に高価になってしまうことがあり、
            社内設計/納入した案件は、いずれも狭い場所を通したり、Z型だったり、
            お客様のレイアウトに合わせこんだ提案で、採用いただいています。

             

            Q,
            ベルトコンベアってノウハウがあるものじゃないんですか?
            さくっと作れるものですか?
            A,
            やはりノウハウはあります。蛇行防止だったり、こぼれ落ちたものの清掃方法だったり。
            かつお節用を設計した時は、桟の取り付け方なども工夫しました。
            台数を多く製作しているわけはありませんが、毎回苦労しながらノウハウを蓄積してきました。

             

            かつお節用コンベア

             

            Q,
            他にエイシン製コンベアのPRポイントはありますか?
            A,
            前後の取り合いなど含めて対応可能です。
            あるお客様で付着性、凝集性の高い粉体だったため、客先設備から落ちてきた後、
            2軸スクリューコンベア→ベルトコンベアZ型→マグネット付解砕機まで
            一式の設計、納入をしています。

             

            全体写真

            二軸スクリューコンベア

            排出口(シフター付)

            シフター+マグネット(丸棒に見えるのがマグネット)


            ほうほう、なるほど。

            要は市販のベルトコンベアで対応が困難なところに
            メリットのある提案ができそうです。


            先ほどのQ&Aで、2軸スクリューコンベアがありました。
            次回、スクリューコンベア編、お楽しみに。