自動かさ比重測定装置

2018.04.19 Thursday

0

    岡山営業所の尾山です。

     

    あるお客様から、「粉体のかさ比重を自動で定期的にライン中で測りたい」と相談を受けました。

    原料が天然由来で水分値が異なることもあり、工程ごとでかさ比重を測ることで製品の品質を安定させ、
    異常時には早急に前工程の条件変更をしたい、という内容でした。

    設備導入検討の目的としては、現状より高頻度の計測、ロギングと警報、省人力化、人による計測のばらつきの解消等でした。

     

    粉体を扱われているお客様なら、何らかしらかさ比重を測る、ということがあるかと思いますが
    やること自体はそれほど難しくもありません。


    一定の容積の容器に山盛り入れて、すり切って、重量を測って、元のラインに戻すということだけです。
    手でやればなんてことはありません。

     

    ただ自動化するにあたり、一つだけ人の手の曖昧さを再現する必要が出てきました。
    すり切るという工程です。


    今回微粉だったり、ペレット形状の米粒くらいの大きさのものだったり、色々なサイズの粉体の検討があり、
    特にペレット形状は、無理にすり切ると、容器の縁と挟み込んで、すり切れないという事象が発生しました。
    人の手だと、曖昧な力加減で、容器の上を少し慣らすようにすり切っています。

     

    お客様の知恵を借り、弊社設計も知恵を出し、すり切り具合や再現性を確認できる、

    半自動のテスト機を製作しました。

     

     

     

     

    テスト機は弊社五日市工場にございます。
    もしご興味があれば、是非お気軽にご相談頂ければ幸いです。

     

    本件について、お問い合わせは
    岡山営業所、尾山まで
    電話:086-902-5310

    イワキポンプ勉強会

    2018.04.19 Thursday

    0

      岡山営業所、尾山です。

       

      先日弊社本社にて、イワキさんによる勉強会を実施して頂きました。

      今回は新人も入っていることから、ポンプの基礎、イワキさんの会社名の由来など、
      かなり基礎の基礎を実施しました。

       

      プロジェクターを使った講習、デモ機を使った実演をしていただきました。

       

       

       

       

      これらの説明会(プレゼンテーション)について、
      ご要望にあわせて、お客様の方で実施させていただくことも可能です。

       

      実際、お客様にお部屋をご用意いただき、
      デモ機とプロジェクターを使って設計の方向けに製品紹介をさせていただいたり、
      メンテナンス担当者が、メンテナンス講習ということで
      お客様と一緒にポンプの分解メンテナンスをさせていただいたこともございます。

       

      ご興味があれば、是非一度担当営業までご相談ください!

      JPネクスト様テスト訪問

      2018.04.11 Wednesday

      0

        本社営業1課の梶ヶ内です!

         

        4/9に名古屋に拠点を構えられている「JPネクスト」様へテスト同行致しました。

        鮮やかなブルーの外観が素敵です!!

         

        今回はJPネクスト様で取り扱われておられるHELIOS社(ドイツ)の「OKTOMAT®」を使用しました。

        詳しくは下記URLをご参照ください。

        http://www.jpnext.co.jp/lineup/helios01.html

         

        テスト内容ですが、

        ,客様からお借りしたオクタビンボックスから原料を吸引

        ▲丱ュームコンベアによる搬送、排出

        を行い効果を検証します。

         

        ブルーに塗装されているのが「OKTOMAT®」本体で、

        赤丸の部分が原料を抜き取ります。青丸の部分がバキュームコンベアです。

         

         

        リング部分に袋を取り付けていきます。

         

         

        このような形で袋を取り付け、写真にあるノズルの先端のヘッドが

        原料を吸い込んでいきます。リング部分は原料の残量数に応じて上昇

        しますので、ほぼ自動で袋内部の原料の抜き取りが可能であるという

        画期的なシステムです!!

         

        テスト結果ですが、

        今回はお客様が望まれていた能力以上に搬送・抜き取りができました。

        (お客様もテスト結果に驚かれておられました!!)

         

        紛体やペレットなどに対応しているため汎用性が高く、

        自動運転により省人化も図れます。

         

        オクタビンボックス、フレコンバックからの原料抜き取り作業や

        紛体・粒体移送にお困りの方はぜひご検討されてはいかかでしょうか!

         

        JPネクスト様公式URL

        http://www.jpnext.co.jp/index.html

         

         

         

         

         

         

        製品販売終了のお知らせ

        2018.03.20 Tuesday

        0

           

          長年にわたりご愛顧いただきましたマグチックスターラーですが、

          使用する小型モータが製造中止の為、やむなく販売を終了することに

          なりました。該当製品は下記URLよりご参照ください。

           

          http://www.kk-eishin.co.jp/stirrer_end_of_sale.pdf

           

          エア駆動の防爆スターラーや大容量タイプの大型スターラーは変わらず

          製造販売して参ります。

           

          今後とも弊社製品をご愛顧賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

          エアフランジ社内テスト

          2018.03.06 Tuesday

          0

            本社営業2課の高田です。

             

            過去ブログでもご案内しているエアフランジですが、以前に社内で行ったテストについて

            ご紹介させていただきます。

             

            エアフランジ

            http://www.funryuutai.com/air-flange.html

             

            通常、エアフランジはホッパー内のブリッジ対策に広くご使用していただいております。

            が、今回は本来の目的と異なる使い方として、下槽から配管内に湧き上がるベーパーを

            抑制する効果があるかの検証テストを行いました。

            配管に見立てたSUSケースの下でお湯を沸かし、エアフランジ上に設置したアクリル板に

            水滴が付くかの確認です。

             

             

             

             

            結論として、「完全な抑制は出来ないが一定の効果は得られる」です。

            (何かぼんやりした結果ですが。。。)

             

            テスト前は下向き(SUSケース内)にエアを吹き続ければ蒸気は抑えられるものだろうと

            安易に考えていましたが、そう簡単なものではありませんでした。

            ポイントは”点ではなく面での遮断”です。

             

            パージする穴数やエアを噴出する向き・圧力・流量など要素は多々あり、より効果が発揮

            される為の条件出しには繰り返しのテストが必要です。

            今回の検証テストを通じて、実体験の重要性を改めて実感しました。

             

            まだまだ違った用途でも使えそうなエアフランジ!

            ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

             

            本社営業2課 高田

            TEL:082-823-4659