スポンサーサイト

2019.10.21 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    エイシン、営業ブログについて

    2019.10.21 Monday

    0

      エイシンの営業ブログは工場ブログと統合しました。

      今後は下記URLにて更新いたします。

      https://i-eishin.com/

       

      引き続きお役に立てる情報を発信できるよう努力いたしますので、

      新しいブログも、是非よろしくお願い申し上げます。

      ものづくり補助金、申請支援について

      2019.08.22 Thursday

      0

        広報担当の尾山です。

        中小規模事業者様向けにはなりますが、

        今週から、ものづくり補助金の公募が始まっております。

         

         

         

        弊社では専門のコンサルタントをご紹介することが可能で、

        是非弊社設備の導入の補助になればと思い、

        ご紹介させていただきます。

         

        ただ、申請書作成補助にはヒアリング〜書類作成まで時間を要するため、

        今回の公募締め切りの9/20を考えると、

        8月末までに、一旦ご相談をいただければ幸いです。

         

        本件については、私、尾山までご相談ください!

        (上記チラシに直通のメールアドレスを記載しています)

         

         

        その他営業ブログ記事:http://kk-eishin.jugem.jp/

        エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/

        タンブラー、ソフト混合のテスト結果

        2019.08.18 Sunday

        0

          広報担当の尾山です。

           

          顆粒状に造粒したものを、

          形状を崩さないようソフトに混合したいとお問い合わせをいただき、

          まずはタンブラーラボでテストを実施しました。

           

          砂糖の造粒品と抹茶の微粉です。

          混合前原料

           

          2Lボトルに投入。

           

          粉になっているものもほぼなく、

          きれいにまぶせていて

          満足いただける結果になりました。

           

          ソフト混合は是非ご相談ください!

           

          その他営業ブログ記事:http://kk-eishin.jugem.jp/

          エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/

          タンブラー、袋取替仕様の混合テスト5種類の結果

          2019.08.17 Saturday

          0

            開発担当の尾山です。

             

            FOOMA(食品工業展)で展示した袋仕様について、

            非常にたくさんのお話をいただき、

            社内テストを含めて5種類のテストを実施しました。

             

            袋取替仕様は簡単には下記のものです。

            開発機として展示しました。

             

             

             

            テスト結果を簡単に記載します。

             

             

            /品粉末、塩+アルファ(非公開)です。

            約3分で、色合い的にはほぼ混合完了しました。

            混合後の写真を取り忘れていて、2枚目は混合中の写真ですが、

            大体混ざっているのが見えると思います。

             

             

             

            ⊃品原料、パン粉+アルファ(非公開)です。

            こちらも3分程度でほぼ混ざりました。

             

             

             

            2蹴惴粁繊⇔音瀬淵肇螢Ε猜緩+色素粉末。

            色素粉末の元々の凝集体の分散に下処理が必要でしたが、

            これは袋仕様だろうが、そうでなかろうが必要なことでした。

            下処理をした状態だと、5〜10分できれいに色がつきました。

             

             

             

            ぢ臚桟殕冑船+粉

            大道芸でよく見る、細長い風船に、粉をまぶすというテストをしました。

            風船の形状的に難しそうに見えましたが、1分できれいにまぶせました。

            1枚目は投入直後(回転前)、2枚目の黒い線の右側は粉をまぶす前、左側が1分回したものです。

             

             

             

            タ品原料+水

            食品の原料粉末に水を加え、転動造粒のような動きで、

            塊を作れるかのテストをしました。

            1枚目:投入

            2枚目:混合前の底から見た写真、

            3枚目:5分後混合後です。

            5分後のものがお客様の欲しい形とのことで、結果的には成功でしたが

            この間に1分で一旦袋に付着したものを、はがす動作をしました。

            SUS容器でヘラのようなものでした方が、作業性が良いかもしれませんが

            どの部分の使い勝手を取るか、ということになると思います。

             

             

             

            きイ話餌里妊屮蹈圧事を書いても良いくらいの、

            私自身は今までやったことのない内容物でしたが

            袋取替仕様で実施させていただいた内容としてまとめさせていただきました。

            (いずれ別記事で再度アップするかもしれません)

             

            さて袋取替仕様を短期でテストをしましたが

            メリットは、容器を洗わなくて良い、材料の取り出しが簡単という点です。

            これは同席テストをさせていただいたお客様、皆様にご評価いただきました。

            ただ、実粉で様々なお客様と一緒に、実際にテストをやってみて

            現在の仕様での改善点が、明確に浮かび上がりました。

             

            改善点は開発テーマになるため現時点では記載は控えますが

            多くのご期待をいただいていますので、

            早急に検討開発して、製品化できればと考えております。

             

            ご期待ください!

             

             

            その他営業ブログ記事:http://kk-eishin.jugem.jp/

            エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/

            自動清掃型マグフィルター 納入紹介

            2019.08.16 Friday

            0

              広報担当の尾山です。

              マグフィルターを設置されているユーザー様で

              最も手間になってしまうのが清掃作業ではないでしょうか。

              ただ、自動清掃型は予算が・・・というお声も耳にします。

               

              今回製作したのは自動清掃型と書きながら、

              清掃タイミングは人が操作する、タイプです。

              動作は下記youtube動画をご覧ください。

               

               

              今回納入させていただいたお客様は

              通常、人が近寄って清掃できない場所にマグネットを取り付けました。

              (具体的には飼料のお客様でトラックでの出荷口の採用でした。

              現場の写真掲載は難しかったため、「飼料 トラック 出荷口」で

              Google画像検索してみてください。

              トラックに直接材料を入れる、排出口の写真が出てきますが、

              そういった場所に採用いただきました)

               

              今回は24時間連続で粉が流れるわけではなく、

              ただ清掃で容易に近くに行けないという理由だったため、

              離れた場所から、任意のタイミングでエアを供給し、

              エアシリンダーを動かしてマグネットを清掃するという機器で提案をしました。

              動画について一点補足ですが、アウターパイプからマグネットを抜いた後は

              アウターパイプ部をエアブローもできるように設計してあります。

               

              自動清掃と言うと、

              化学プラントなどで24時間連続稼働をしているために

              タイマーで自動で定期的に清掃する使い方もありますが、

              今回はそこまで必要ないため、制御盤もなく、

              予算も抑えてご提案できました。

              (もちろんタイマーをつけて完全に自動制御も対応可能です)

               

              なお、今回ご紹介した自動清掃型は、

              アウターパイプ式ですが、弊社ではスクレーパー式の自動清掃型も製作しています。

              いずれも一長一短あり、また改めてご紹介します。

               

              マグネットを取り付けたいけど

              清掃が難しいというお悩みがある場合は

              是非ご相談ください!

               

              その他営業ブログ記事:http://kk-eishin.jugem.jp/

              エイシンホームページ:http://www.kk-eishin.co.jp/